内臓脂肪を減らすサプリはこれだ!体脂肪率を下げる!

内臓脂肪を減らすサプリ登場!

 

内臓脂肪を減らす前に理解したい増える仕組み

 

 

テレビでも内臓脂肪について紹介されることが多くなってきており、認知度も高くなりました。内臓の周りについている脂肪のことを内臓脂肪といいます。内臓脂肪自体が害悪だと思ってしまっている人もいるのですが、内臓脂肪はある程度は必要なものです。

 

内臓脂肪というのは、特に消化器系の臓器の周りに蓄えられやすくなっています。お尻やふくらはぎなどについてしまう脂肪のことを皮下脂肪といいますが、皮下脂肪は臓器の周りにはつきません。内臓が集中している箇所に内臓脂肪が蓄えられることになりますから、お腹周りが大きくなっているように見えるというのが、内臓脂肪の特徴になっています。

 

内臓脂肪の役割

 

内臓脂肪というと、健康を害してしまうイメージが強いですが、良い働きをもたらすこともあります。内臓脂肪とか密接な関係がある物質として、TNF-αやPAI-1、アディポサイトカインといったものがあります。これらの物質はどのような役割があるのでしょうか?

 

TNF-α

 

腫瘍やがん細胞などを攻撃する役割を持っているのが、TNF-αです。ただし、TNF-αが多くなりすぎてしまうと、インスリンの作用が弱くなってしまい、血糖値が下がりにくくなってしまいます。

 

PAI-1

 

血管の中で詰まってしまうと血栓ができてしまうのですが、この血栓を溶かす役割を持っているのが、PAI-1です。

 

アディポサイトカイン

 

内臓脂肪の中にある脂肪細胞から作り出されているのがアディポサイトカインです。アディポサイトカインが血液と混ざって、全身に供給され、血圧や糖質の調節をしていきます。

 

内臓脂肪を減らすための方法とコツ

 

皮下脂肪と比べると内臓脂肪のほうが落としやすくなっています。ですので、運動をしたりカロリーを制限したりすることで、以外と簡単に解消させることも可能なのです。

 

さらに効率よく内臓脂肪を減らしていきたいのであれば、食事にもちょっとしたコツを取り入れるようにしてみてください。今回は、内臓脂肪を減らすための3つのコツをご紹介したいと思います。

 

オメガ3系の油を取り入れよう

 

油を使ってしまったら脂肪が溜まりやすくなってしまうのでは?と思った方ももちろんいると思います。しかし、油全てが脂肪を溜めやすくしてしまう性質を持っているわけではありません。ですが、質のいい油の場合、反対に脂肪燃焼のサポートをしてくれるということが判明されているのです。

 

そのサポートをしてくれるのが、オメガ3系の油です。青魚が使われている魚油や、アマニ油、エゴマ油がオメガ3系油になっています。このような油を摂取することによって、痩せる作用を持っているホルモンが活性化するため、内臓脂肪を少なくしていくことも可能になっているのです。

 

調理をするときに、エゴマ油やアマニ油を使うようにしたり、普段から青魚を食べることによって、オメガ3系の栄養素を摂取していくことが出来ます。ただ、注意点として、普通の油よりもオメガ3系油は酸化しやすいという特性を持っています。ですので、開封をしたら早めに使い切るようにすることが大切です。

 

また、加熱をすると栄養素が壊れてしまいますので、熱を加えずに口にするようにしましょう。ジュースに入れるようにしたり、サラダの味付けとして使うようにするのがお勧めです。

 

ただ、エゴマ油やアマニ油というのは1本に付き1000円くらいかかりますし、毎日青魚を食事で食べるようにしているとそれだけ出費も大きくなります。ですので、もっと手軽にオメガ3系の栄養素を摂取したいのであれば、サプリメントを用いるといいでしょう。

 

1週間ほど実践していると、徐々に内臓脂肪が減っていくといわれていますので、思いのほか即効性も期待できると思います。

 

炭水化物は冷やしてから口にしよう

 

炭水化物というのは、体の中でブドウ糖に変換されます。このブドウ糖は中性脂肪に変化をしてしまい、最終的に内臓脂肪として蓄えられやすくなります。この炭水化物はそのまま口にするのではなく、一度冷やしておくことでデンプン質が消化されにくくなります。この現象のことをレジスタントスターチと呼びます。

 

炭水化物は冷やして辛口にすることによってエネルギーとして変換されにくくなりますし、腸内環境のサポートをしてくれるというメリットがあります。ですので、お米などを食べる場合、おにぎりにしてから冷やしたりするといいでしょう。

 

満腹になるまで食べない

 

食事は満腹になるまで食べるのではなく、腹8文目くらいでやめるようにしてください。あまり噛まずに食べた場合、満腹中枢にあまり刺激を与えないですから、時間をかけて冠で食べるようにしましょう。

 

コーヒーで脂肪肝改善

 

脂肪肝が気になるの人には嬉しい情報だと思うのですが、実はコーヒーを毎日飲めば脂肪肝の発生を抑制してくれるそうです。脂肪肝は肝臓への中性脂肪の過度な蓄積状態を言います。

 

これは肝臓を直接見ることができれば、明らかに脂肪の黄色が出ているのですぐにわかると言います。ただ直接見ることは肉眼では難しいのでわからないだけです。

 

脂肪肝の原因は、基本的には肥満と一緒ですから、運動不足とカロリー過剰が原因です。しかも、肝臓の機能が低下すると起こりやすく、過食やアルコールによって肝臓が疲れていると見た目はわからなくても脂肪肝が進行していることがあります。

 

さて、どうしてコーヒーが有効かと言いますと、コーヒーに含まれるクロロゲン酸などのポリフェノールがもっている抗酸化作用が肝臓の機能を守るからです。

 

コーヒーは脂肪肝をはじめ肝臓のいろいろな病気に効果があるとも言います。ただ、あまり多く飲みすぎると、カフェインから害が生じることもあると言います。ですから、あくまで適量を心がけることが大事で、コーヒーとも上手に付き合うことが大事なのだそうです。

 

一日2〜3杯程度がちょうどいい量なのだとか。それだとしても、脂肪肝による食事制限や運動療法と付き合うことを考えればずっと楽ですよね。コーヒーはダイエットにいいという話もそうでないという話もありますが、これも結局は飲み方次第というのが結論です。

 

コーヒー自体は太らないし、脂肪の分解を助けるけれども、一緒に摂取する砂糖やクリーム、ミルクが太る元だと言います。どんなにいいものも、使い方を間違うと害にもなりますから、正しい飲み方を意識して健康維持に役立てましょう。

 

こちらも>>>脂肪燃焼サプリのおすすめは?徹底比較

 

内臓脂肪を減らすために酵素ダイエットを始める

体の中で合成される物質として酵素と呼ばれるものがあります。この酵素も色々な酒類があるのですが、大体はミネラルやビタミン類、たんぱく質を原料にして合成されています。酵素は大まかに分けると脂質や糖分を代謝してエネルギーに変換してくれる代謝酵素と、食べ物の消化を促進する消化酵素に分かれています。

 

口から食べ物を取り込むと、胃や腸などから、食べ物を分解するために消化酵素が分泌されます。そして、食べ物は分解されていき、栄養素を摂取しやすくしていくのです。その後、摂取された栄養素は、代謝酵素によってエネルギーに変換されたり、細胞を新しく作り出したりしていきます。

 

このように酵素というのは、元々人間の体が作り出している物質ですので、薬とは違って副作用のリスクは皆無ということになります。人間が元々持っている機能を活用していますから、体に必要な栄養素を取り込んでいけば、後は酵素が消化したり代謝をしてくれるような仕組みになっているのです。

 

ですが、食事をしなくては酵素の働きというのはもたらされません。ですので、酵素ダイエットをして酵素をドリンクから取り入れたとしても、食事をしなければ意味がないですので、酵素ダイエットをするのであれば食事をする必要があります。また、酵素ドリンク以外にも酵素入りの置き換えダイエットシェイクもおすすめです。

 

酵素自体を体の中に取り込むのではなく、ミネラルやビタミンなどといった原料を取り込んで、体の中で酵素を作り出すのを促しています。酵素だけで生命維持をしたりすることが出来るというわけではないですから、バランスの取れている食事も同時に行っていかなくてはなりません。

更新履歴